ペットの散歩

ペットの散歩

ペットの散歩をする時にはマナーを守りましょう。まず当たり前のことですが、糞をした場合には、持って帰らなくてはいけません。

 

しかし道路を見ていると、ペットがした糞がそのままになっていることも多いです。

 

しかしそのままになっていると、やはり不衛生ですから、ペットを飼う際のマナーとして、きちんとウンチをしたら持って帰るようにしましょう。

 

家でトイレトレーニングがきちんとできているというペットの場合には、それほどウンチを持って帰らなくてもいいと思いますので、しつけも並行して行いましょう。

 

散歩をするときには、シャベルと袋は必ず持って行きましょう。

 

できればマーキングをしてしまった場合には、ペットボトルの中に水も入れておいて、流すのもいいと思いますし、それがマナーです。

 

間違ってもよそ様の家にマーキングをして、そのままにして帰らないようにしましょう。

 

道路を歩く場合には、必ずリードは短めにもって歩きましょう。

 

間違ってもリードを話した状態で散歩させたり、伸ばしたりしないようにします。

 

犬が好きな人ばかりならいいのですが、公共の道路で散歩をさせている場合には、犬が苦手な人もあるいているかもしれませんから、他の人の迷惑にならないように注意しましょう。

 

夜に犬の散歩をするという場合には、犬にも反射テープや、反射する洋服を着せた方がいいでしょう。

 

意外と人間はドライバーから見えるものですが、犬の散歩をしていたとは気がつかないで、散歩中に犬が事故に遭う可能性は高いのです。

 

犬の安全も考えて散歩しましょう。