ペットとアイコンタクト

ペットとアイコンタクト

ペットにはアイコンタクトが必要です。

 

飼い主とペットとの間で、きちんとアイコンタクトが出来ているということは、しつけをする上でとても大切なことになりますし、コミュニケーションをとることにもつながります。

 

お座りや伏せをさせる場合にも、アイコンタクトは必要です。

 

最初のうちは、ペットはほかに興味を示しているので、なかなか飼い主の目を見ようとしないことが多いと思います。

 

しかしアイコンタクトは、これから先のペットと飼い主とのコミュニケーションではとても大切なことになりますから、最初のしつけが肝心です。

 

上手にアイコンタクトが取れないと感じた場合には、少し裏技を使ってみてもいいかもしれません。

 

小さめのおやつを、自分の目の前において、ペットが自分の目を見るようにわざと仕向けると簡単に、アイコンタクトがとれます。

 

しかし、おやつだけを見て、目を合わせない場合には、目を合わせるまで続けましょう。

 

アイコンタクトをとることは、しつけの一環としてとても重要なことですから、ペットが家に来た日から、アイコンタクトにしつけについては、丁寧に教えておくことが大切です。

 

アイコンタクトが出来ていないと、人間が主導権を握ることができなかったなどという話も聞きます。

 

主導権を握ることは、ペットを飼う上ではとても大切なことになりますので、飼ったその日からスタートさせるしつけとして、頑張ってアイコンタクトをさせるようにしましょう。