ペットのハウスのしつけ

ペットのハウスのしつけ

ペットをハウスの中で寝かせるためのしつけの紹介です。

 

ペットを飼った日から、できるだけハウスの中で、寝る習慣をつけさせましょう。

 

最初が肝心で、初日に、ハウスの中で寝かさないと、途中から、ハウスの中で寝かそうと思っても、犬がハウスに入ってくれないことになるので、初日から、ハウスに中へ入れましょう。

 

きっと最初はペットが、「クーンクーン」と言うように鳴くと思いますが、我慢して無視するようにします。

 

ハウスをリビングにおいているという人は、慣れるまでは寝室のそばに持って来てもいいと思います。

 

鳴いているのが気になると思いますが、しばらくすれば、ペットも疲れて寝ると思います。

 

ハウスの中に入れる訓練をするということは、何かあったときに、ハウスの中で賢くさせるということにもつながります。

 

犬が嫌いな人が家に来た時や、大事な用があって家の中にペットがいるのが困る場合などに、ハウスが出来なければ困りますから、初日から、少しかわいそうかもしれませんが、ハウスの練習はしておきましょう。

 

遊んであげるときは出て、疲れたらハウスさせて中で休ませる習慣も付けておきましょう。

 

ハウスの中に喜ぶおもちゃなどを入れておいて、自分の居場所であるということを、良く認識させておくというのが、しつけです。

 

ペットにとって、飼い主のそばで寝たいと思うのは当たり前ですが、しつけの一環として、きちんと、飼った日から、ハウスに入る習慣は付けさせましょう。