ペットのトイレのしつけ

ペットのトイレのしつけ

ペットのトイレのしつけは、ペットを飼い始めた日から、すぐにスタートさせるようにしましょう。

 

ペットの中でも赤ちゃんの犬と言うのは、1時間から2時間に1回はトイレに行くので覚えておきましょう。

 

家に着いたらまずトイレに行かせます。その時はたぶん緊張もしていますし、まだ慣れていないということもあり、ペットがすぐにおしっこやうんちをしないと思いますが、トイレに放置して、そのままするまで待ってあげましょう。

 

そしてペットが上手に排泄出来たら、大袈裟に褒めてあげるようにします。

 

本当に少し大袈裟ぐらいがペットにとってはちょうどいいと思います。

 

褒めてあげたり、場合によってはご褒美をあげてもいいですね。

 

これを繰り返すことで、ペットのトイレのしつけが進んでいきます。

 

そして排泄するタイミングを見計らうようにして、トイレに連れて行ってあげます。

 

そうしているうちに、自分でトイレに行けるようになると思います。

 

排泄するタイミングと言うのは、だいたい、朝起きた時、食事の後、水を飲んだ後、散歩に出かける前、散歩から帰ってから、床のにおいをかぎ出したときなどがタイミングです。

 

もしもペットが排泄に失敗してしまったら、その時は、叱りつけずに、犬に何も声をかけないようにして、処理をします。そしてしばらくは犬にかかわらないようにしましょう。

 

そうすることで、犬は、飼い主が怒っていると察知するようになります。

 

失敗した場所は消臭剤でにおいを消しておきましょう。そうしなければ、同じ場所で失敗してしまいます。