ペットの食糞

ペットの食糞

ペットの食糞に悩んでいる飼い主が多いと聞きます。

 

食糞は色々と原因があるとされているのですが、もともとペットの中でも犬はオオカミ科です。

 

オオカミは排泄物の中にある栄養をとるために食糞をして生きてきましたから、これをペットがするというのも習性の一つと考えてもいいと思います。

 

特に小さなペットに多く赤ちゃんの時期に見られますが、大人の犬になれば食糞をすることはなくなることも多いです。

 

しかしずっと老犬になるまで食糞を続けるペットもいるので、そのペットによっても違ってきます。

 

ストレスがたまっていることがきかっけで、食糞するというケースもありますし、飼い主がかまってくれないことから、食糞してしまうペットもいるので、精神状態も比例して現れるのが特徴です。

 

飼い主からみてみると、食糞をするということは、かなり不快ではありますが、ペットにしてみてはそれほど不快な行為という感覚はないのが特徴です。

 

では具体的には食糞はどうすればいいのでしょうか?

 

その対策方法としては、食べる前に、糞を片付けるのが一番の方法です。

 

あるので食べますから、なければいいのです。

 

ストレスがたまっているという場合には、ストレスのもとが何なのか、探ってあげます。

 

また飼い主の気を引こうと思っているのでしたら、もっとかまってあげてください。

 

そうすることで飼い主との関係も良くなります。

 

食糞をするのを必ず見て防げればいいのですが、昼間お留守番をしている時に食糞をして困る場合には、うんちに吹きかけると苦くなるスプレーがあるので、それを使うといいでしょう。